目論見書の読み方

Pocket

先発2社の目論見書は、いずれも120ページを超えています。私も読んでみましたが、正直にいってとても難解です。一般の人にとっては、「読まなければ買えない、読んだら買いたくなくなる」代物です。それでは証券会社の窓口で内容がわかるかというと、二つの大手証券会社の中枢と思われる店舗で、私が1時間にわたっていくつかの質問をした経験では、どちらの担当者も一つもまともに答えることができませんでした。片方の証券会社では担当者自身が「難しすぎてわからない。それより、こちらの株はどうですか」とソ○ーの株を勧めてきたのには驚きました。

証券

普通、株を買う人はほとんど質問をしないそうですが、J-REITの売り方としてどうあるべきか、原点に立ち戻って考えるべきでしょう。情報開示は、投資家にとって重要なことはいうまでもありませんが、たとえば「リスク要因及び留意点」。一般的なリスク6項目、商品設計及び関係者に関するリスク10項目、不動産に関するリスク18項目、税制に関するリスク5項目の合計39項目があげられています。目論見書は、”弁護士の言いわけ”(失礼)を書き連ねたような、お役所に提出するための資料で”投資家保護”より、供給者の責任を回避するための”供給者保護”を図る目的といわざるを得ません。

投資家

投資家に理解されうる情報開示が前提で、その上に投資家教育があります。米国ではわかりやすい情報開示を義務づける「ブレイン・イングリッシュ・ルール」を98年に制定しており、日本も見習うべきです。もちろん、目論見書だけでなく、迎用報告書についても同様のことがいえます。開示情報は、量ではなく質を問うべきで、そのための取り組みをもっと真摯にすべきです。


兵庫県内で,住まいを探し中の人はいますか?もしいましたら,川西市がオススメなんです!川西市は,今でも豊かな自然が残る緑豊かなエリアでもあるため,落ち着いた暮らしを送れるとして,関西圏でも人気のエリアの一つです。
その人気となっている理由は豊かな自然だけではないです。市内にはJR福知山線や阪急電鉄宝塚本線など大阪や神戸といった都心部へと簡単にアクセスすることができるため,交通アクセスで困ることのないベットタウンとしても高い評価のエリアです。
そんな川西市で,ぜひ土地の購入をしませんか?川西市は人気のエリアだからこそ,土地を購入していれば,将来的に,土地を売って儲けることだって可能です。
また,土地を購入して,自分の好きなデザインの家を建てるなどもできるので,もし川西市に引っ越そうかな?と思っているのでしたら,ぜひ土地購入について見当してください。

これから個人経営でお店を出そうと考えている方には,神戸市で貸店舗を探すことをお勧めします。神戸市は,関西圏を代表する都心の一つで,個人経営でお店を出している方も多く,居抜き物件が豊富です。自分好みの居抜き物件を見つける事で,改装工事をせずにお店を出すことができ,費用を節約することも。居抜き物件の他にも,貸店舗は沢山あるので,じっくりと調べることをお勧めします。自分の好みに合った貸店舗を,神戸で探してみるのはどうでしょう。

埼玉県で賃貸の新生活を始めてみませんか?埼玉県は東京都心へとアクセスしやすいので,県全体でベットタウンとして発展してきました。
そんな埼玉県でもお勧めなのがさいたま市の東大宮エリア。
東大宮エリアは大宮駅まで6分で向かえて,エリア自体は静かなので,暮らしやすい環境のエリアとなっています。東大宮駅周辺にはファストフードやスーパーなど様々な施設が揃っており、普段の生活で困ることもありませんよ。ぜひ引越しを考えている方がいましたら,東大宮エリアの賃貸情報についてご確認なさってください。